イミゴンゴが日本にたどり着くまで

イミゴンゴが日本にたどり着くまで 何回立ち会っても、やっぱり今も感嘆することの一つに「物流」があります。   ものが移動する。   ただそれだけのことですが、丘越え、谷越え、バイクに揺られ、人に揉まれて、バスに乗り、石畳を通り過ぎて、箱に入り、いくつかの陸と海を越えて、飛行機を乗り換えて、さらにいくつかの陸と海を越えて、これから一緒に暮らしていく方の言葉が聞こえるエントランスに入り、最後にトラックを乗り継いで、えんやこらとお迎えしてくださる方の元に届く。   一体何人の手を介して、何カ国語を浴びて、幾つの目に見守られ、そこまで辿り着いたのか。その旅路を考えても想像が追いつかずただただ圧倒されるばかりです。   イミゴンゴをみなさまのお手元にお届けすることをはじめてから約2年。   無事に受け取ってくださったことにもありがたい思いでいっぱいですし、無事に届いた一つ一つがとんでもなく貴重なことだったんだなぁと振り返っています。   今自分が立っている場所ではない◯◯産と書いてあるものをあまりにも身近に見られる時代になったけれど、その一つ一つの旅路は壮大です。国外はもちろん、国内も。   運んでくださる方々、受け取ってくださる方々に改めて感謝を込めて、イミゴンゴの旅路をご紹介します。

Read More

Posts navigation